見回り・財産管理契約

事務委任・見回り契約とは

 事務委任・見守り契約とは、精神的にしっかりされているけれども、財産管理や様々な日常の手続きをするのがきつくなったり、難しくなってきた場合に、委任を受けた人が代わりに行う契約です。定期的に訪問・連絡をする事で、任意成年後見制度をスタートさせる時期を相談したり、判断してもらう事も可能です。
 また、見守り契約をすることによって、定期的に本人と支援する人の意思疎通が可能になるため、備えとしての後見制度の契約をしてから数十年間本人と会わないといったようなことを防ぐことができ、信頼関係を継続させることができます。


 <事務委任・見回り契約の代表的内容>
・財産の管理、保存
・金融機関、保険会社との取引に関する事項
・年金・障害手当などの受領に関する事項
・生活必需品の購入、支払い
・光熱費の契約、支払い
・住居に関する事項
・介護サ-ビスに関する事項
・医療費の支払い
・権利証、通帳、実印、その他重要書類の保管


【当事務所の報酬】
見守り財産管理契約書作成   50,000円
見守り、財産管理行為   月額 5,000円~