建設業

建設業許可を一言でいうと、建設業する為の資格になります。
もちろん、工事の請負代金が500万円に満たない軽微な工事につきましては、建設業許可を取得する必要はありません。
ただ、最近の傾向として、【500万円以下の工事を受注する場合】でも、発注者や元請企業は、受注する会社が建設業許可を有している事を条件にしている事が多くなっています。

また、建設業許可を取得している=「建設業について一定のレベルを有する」、「安心して取引ができる」という信用力を得る事が出来ます。

・建設業許可は、29業種に分かれます。

どの業種を選ぶかにより、会社の経営上非常に重要な選択になります。また、どの業種を選ぶかによって、建設業許可に必要な人や書類、経歴が変わってきます。 

建設業許可を有するには、主に以下の5つの要件を満たす必要があります。

1・経営業務管理責任者となる人がいる事
2・専任技術者となる人がいる事
3・財産的基礎がある事
4・欠格要件に該当しない事
5・営業的基盤がある事

このように、建設業許可には超えなければいけないハ-ドルがいっぱいあります。
建設業許可の獲得を考えられる方は、お気軽にご相談ください。

蒼天行政書士事務所報酬
建設業許可申請(新規)      85,000円〰
建設業許可申請(業種追加)    65,000円〰
建設業許可申請(更新)      55,000円〰
建設業各種変更届        20,000円~
建設業決算変更届        20,000円~
競争入札指名願申請書      1行政庁あたり 21,000円